MENU

 ハッピーメールで知り合った26歳の保育士をやっているという女性、彼女とも継続してオナ電を楽しんでいました。
継続することによって信頼関係が生まれるから、彼女のオナニー姿まで拝見できるようになっていました。
保育士の女性はややふっくらした感じ、決してデブではありません。
オッパイの大きさもそこそこあり、なかなかエロチックな肉体の持ち主だったのです。
この彼女との関係が、1カ月半近く経過した頃のことだったのですが、実際に会う約束になってしまいました。
自分自身はセフレというのを強く求めていたわけではありません。
しかし話の流れから、現実の世界で楽しみたいということで一致してしまったのです。
まさかこういった展開が待っているとは、さすがの私も驚いてしまった感じです。

 

 ラブホテルが点在している駅前でアポが決まりました。
多少遅れて保育士さんがやってきてくれました。
顔をしっかり見たのは今回が初めてなのですが、童顔で愛らしい感じのルックスでした。
すでに彼女のオナニー姿はカメラ越しには見ていましたが、目の前にいるということでフレッシュな興奮が高まりました。
挨拶をしてホテルに向かってお互いの肉体を一つにすることになりました。

 

 若い女性の肉体は、その肌の張りとか美しさにドキドキ感を覚えてしまうものです。
こんな素晴らしい肉体の持ち主と、テレフォンセックスをしていたのかと思うと不思議な気分でした。
裸にしてたっぷり見て、思いっきり触っていきました。
通話できた喘ぎ声を出してくれる、しかも彼女のオマンコ方はたくさんの汁が溢れ出すのです。
何とも素晴らしい光景を目の前に、理性もなくしてオマンコに吸いついてしまいました。
クンニしてやるととてもエロい声で感じてくれ、長時間の舐めでアクメまで感じてくれたのです。
オマンコの穴にはビンビンのチンコを差し込み、ズッコンバッコンとやり続けていしまいました。